不動産の山下商事「あらそうかい」ブログ

お役に立ちそうなことも、若干くだらないことも、ゆる〜く書きます。どうぞご愛読下さい!

ブログ一覧

これが最先端の形

どーもー、あっちょんぶりけで〜す( ´ ▽ ` )ノ

ワタシが更新をサボってばかりいるので
いよいよブログ担当を定期的にローテーションしようなぞと
店長がたくらみ始めた模様なのですが、
いつまで続くかねぇ…←ひとごとかーいヽ(`Д´)ノ

さて。
実は先月、間もなく築10年となる自宅のガスメーターが
初めて交換されたのです。

と、ここで、
「おのれは自分ちのガスメーター晒してどーする?」
と思われた方、侮ってはいけませんよ。
これがなんと、我々の想像の斜め上行く(?)

最 新 型なのですよ。

まずは、その洗練されたフォルムをご覧下さい手矢印下
新型ガスメーター

これはもはや、説明がないとガスメーターであることが
わからない程スマートな外見。
従来型って、もっとなんとなく武骨な感じでしたよね。
スクエアなデザインとなり、サイズも従来の半分くらい。
しかも薄型になっています。
狭い場所への設置も、だいぶしやすくなりましたね。

そして、数値も液晶ディスプレイ表示になりました手矢印下
新型ガスメーター2
ああ、もう数字がクルクル回るアナログチックなメーターは
次第に骨董品呼ばわりされるようになるんだろうなぁ…。

なお、左の黒丸は地震等でガス供給が止まった際に使う復帰ボタン。
一昨年、震災の際は大活躍だったことは記憶に新しいかと思います。
説明書は、ガスメーターにぶら下げておくのが良いと思います。
我が家も、後ろに黄色い紙がぶら下がっておりますよ。

でも、今回最も驚いたのはこんなことではなかったのです。
メーター本体の右下に付いている箱状のこれ、何だと思いますか?
ガスメーター無線子機

これ、よーく見ると「無線子機」という表記が。
実は我が家のガスメーターは、オートロックの内側に設置されております。
これがついていれば、検針係の方は手持ちの親機で

建物の外にいながらにして

我が家の検針ができてしまうのです!!

つまり、これからはオートロックの内側や室内にガスメーターがあっても
検針係さんがいちいち立入る必要がなくなるという訳です。
入居者さんはセキュリティ面での安心感も増しますし、
検針係さんも「今月も検針できなかったー」なんてこともなくなります。
無線の技術もここまで進化したということなんですねー。

実はワタシ、このメーター交換に立ち合わせて頂きました。
こういうお仕事をしていると、ガスメーターを目にする機会も
普通の方よりは多いと思っておりましたが、
この最新型は初めてお見受けしたのです。

今回は結構大胆なフルモデルチェンジのような気がしました。

ガスメーターの交換は概ね10年に1度ですので
10年後にはどこのガスメーターもみんなこんな感じの形に
なるのではないかと思います。
皆様も、次回の交換はこんな形になるかもしれませんよ!

じゃ、そゆことで

無線はネットだけのものじゃないのだ→blogランキングブログランキングバナー
※携帯・スマホサイトからのクリックはできません。ご了承下さい。(フルブラウザ除く)

あらそうかいブログ過去ログもよろしく!→旧「あらそうかいブログ」

更新日時 : 2013年05月20日 | この記事へのリンク : 

<<Mの願望     |  ブログ トップへ  |  今日は脈絡なく画像を貼るの巻>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2020年09月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930     

最近見た物件 (0)